• acco nadiaの魔法の手

    今日は何の日?ゆっくり休む休息の日!!

     

    数字使いのアコです!!

    さてさて、数字に助けて無事に生きやすくなった私はなんで、

    そこまで数字にはまったかと言いますと

    数字の読み解きは、占いでもスピリチュアルでもなく統計学だったからです。

     

    もちろん私は占いもスピリチュアルも好きだし、

    小さい頃から見えなものの存在も強く感じています。

    ヒーリングやリーディング、ミディアムシップなども仕事としてやっていますから

    img_2555.jpg
    私は目に見えないものの存在を信じています。

     

    しかし、しかーーーーーーーーーーーしっ!!!

     

    私の場合、あくまでも私の場合です。

    この物質世界で占いとかスピリチュアルとかそこだけ見ているとなんだか車酔いというか、

    痺れた足というか

    現実社会で上手く生きれなくなっちゃうんです。

     

    死んだ人が、どうだ、とか なんか見えたとか

    見えたら見えたで疲れてきちゃうんですよね。

    ある程度調整して見たくないものは見えないようになりましたが

    仕事以外で、そういった類の話があるとなんとも言えない気持ちになります。

    こーーーーんな顔になっちゃうよ!!

    img_2391.jpg

     

    スピ酔いとでもというのでしょうか?(スピ酔い全盛期だった高校時代の卒業アルバム)

    スピリチュアル、もう!お腹いっぱいだわーーーーーーってなるときもたまにあります。

     

    なので、目に見えない世界も大事にしつつ、

    この現実世界をしっかりと生きるのが私の課題でもありました。

     

     

    そこで出会った数字のメソッド。

     

    これは統計学に基づいた性格判断です。

    「数字のメソッドはスピリチュアルではありません。」

    師匠であるみなえさんのこの言葉で、安心しました。

    数秘術と言われるものは昔の賢い人たちもずっと使っていて、

    現在でも大きな企業などが値段設定時には消費者の購買意欲をかきたてるような

    数字を使って値段設定しているとか。

     

    目に見えないものではなくて、

    目に見える数字を使って割り出す性格分析や年のサイクルの味方

    右脳で感じる数字、感覚で捉える色形。

     

    それを使って私の脳裏に浮かぶスピリチュアルな意味合いのメッセージを

    読み解いていくと、それが関連付けられていて、

    「ただなんとなく」だったことが数字でもそう言っている。と安心できたのです。

     

    簡単な足し算ができれば誰でもできる。

    そして見えないものも見えないものも関係ない数字だけでシンプルに読み解くこのメソッド。

     

     

    数字は統計学なので「当たる」「当たらない」ではなく

    「あてはまる」「あてはまらない」なのだなーと痛感したのでした。

     

    数字のパワーを今までの人生の答え合わせに使って、もしも当てはまっていたならば

    数字のパワーを借りない手はないよねっ♪

     

     

    そう!スピリチュアルではないけれど、それぞれの人が持つ自分だけの数字。

    これはやっぱり1人1人のお守りなんだと思います。