• acco nadiaの魔法の手

    今日は「9」日に因んで衝撃の思い込みを捨てた日です!!

    詳しい数字のお話は→こちら

     

     

    さて、思い込みを捨てる日にぴったりなこと

    さっき起きたエピソードを。。

    私、風邪がうまく治らず咳喘息になってしまいました。

    14368802_1048919488562687_8890410405915007710_n

     

    チーン!!何を隠そう喘息歴30年の私は喘息の、呼吸器系の患者のプロといっても過言ではない。

    夜間の咳の出方を分析した結果、専門医にいってアレとアレをもらわないと治らん!と判断し

    近所の呼吸器科に行くことを心に決めました。

    なぜ心に決めたかっていうと、病院、薬、苦手だからです。おっかないじゃん

    看護学校に行ってたことや介護の仕事をしてたにもかかわらず自分のことはね。サッパリ。

     

    気休めに昨晩は大根と生姜と檸檬を切りまくってハチミツ漬けにして咳止めシロップ作成。

    img_3075.jpg

    飲んでももう、私の咳はとどまることを知らない。

    子供のときは周りの大人が心配してくれました。

    でも一人暮らしだとゲフゲフ咳き込んでも部屋に響き渡るだけ。

    まさに「咳をしても一人」   by尾崎 放哉おざき ほうさい

    (といいつつ優しい友人たちの連絡で携帯がピコピコうれしい♡)

     

    ってなわけで、近所の呼吸器専門医をみつけ恐る恐る受診。

    実家でずっとお世話になっているかかりつけ医以外は大抵アホな質問をして怒らせる天才の私。

    今日は初診だけど平気かしら??と心配でしたが、

    喘息歴30年だとわかるんです。聴診器の当て方でお医者さんのスキルが!!

    特に背中、背中でちゃんと音を聞いてくれる先生は優しい(気がする)

     

    んでもう、緊張しすぎておでこで体温測るのに喉だと思ってベロ出してアーってやったり

    喉見るのに、脱ごうとしたりして先生爆笑!結果咳喘息だと判明しました。

     

    いつもの咳止めテープといつもの吸入器を使っている話をして、

    問診の最後に質問。

    aco:「先生、とんでもない質問なんですけど、私来週スキューバ行く予定なんです。

    やめといたほうがいいですか?」

    Dr: 「いいんじゃない?やってる最中に咳でるかどうかわかんないし、

    吸入続けてれば問題ないよ。案外環境のいい所で好きなことしてるほうが治っちゃうんじゃない?」

    aco:「えーーー!!先生!咳喘息でも好きなことしていいんですか?我慢しなくていいんですか?」

    Dr:「我慢ね。そのほうがよくないよ。そういう分野の研究はあんまり進んでないけど、

    好きなことしてる方が治るって個人的にはあると思うんだよね。」

    aco:「じゃ、先生、研究して是非論文発表してください。。(院内爆笑)

    あともう一個、私お酒飲まないといけない仕事もしてますが、お酒はやめた方がいいですか?」

    Dr:「案外声よく出るようになるかもしれないし、咳以外健康なんだから飲みなよ」

     

    えーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!いいんすか?先生?

    私は今まで一生懸命喘息のために色々我慢してきましたが、

    それは思い込みだったことに気づきました。

    その後会計でも「薬飲んであとはまぁ、色々ためしてみてね」と受付さんからも

    お酒飲んでいいっていう後押しが!!ってちがうか。。

     

    喘息でも、スキューバもお酒もいいんだってよー!

    「喘息だから◯◯しちゃだめ」っていうのは思い込み、

    一生懸命自分に制限かけていたんですね。

     

    思い込みなんて糞食らえ!

    普通◯◯だったら◼︎◼︎でしょ?とかいってたらいかんのじゃ!!

    と思い込みが捨てられたエピソードでありました!

     

    咳喘息の時にしちゃいけないことは、ズバリ!!

    『我慢』

    なのであります!!!うぇーい。うぇい、うぇーい。

     

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    『ご案内』
    11月開催の【数字使い®基礎応用編】お申し込みはこちらから

    https://ssl.form-mailer.jp/fms/ea0947f1459994

    皆様にお会いできるのを楽しみにしてます。 Acco Nadia